空き家を放置すると、倒壊の危険や衛生悪化など周囲に悪影響を与える「特定空き家等」に指定される可能性があります。

年々増え続ける空き家に対し2015年5月
「空家等対策の推進に関する特別措置法
(通称:空き家対策特別措置法)」が施行されました。

「特定空き家」の指定条件は、画像3枚目の項目が該当します。

市町村による調査で「特定空き家」と認定されると
必要な措置を取るよう助言・指導・勧告・命令を受け
固定資産税の優遇措置が外されたり罰金が課される事も。

この固定資産税が軽減される
住宅用地特例の対象から除外されることで
税金が最大6倍に跳ね上がります

「特定空き家」に指定されない為には
放置せず管理・活用していく必要があります。

ただでさえ空き家の放置は
◼︎資産価値の低下
◼︎維持管理の手間と税金費用が年々かさむ
◼︎不審者の出入り
◼︎壁が倒壊して通行人にけがをさせる などなど
で負債となりデメリットだらけ‍

真剣に対策をする事で、マイナスを避けて
収入を生み出すプラスの資産とする事も可能です

対策としては売却や賃貸としての貸し出し、
または駐車場にして有効活用をするなどの方法があります。

早めの対策が大切です。

#akiyab #活動記録 #特定空き家 #特定空家